湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビルヂング 北館12階 1213区
  • HOME
  • 事務所案内
  • 弁護士紹介
  • 法人の方
  • 個人の方
  • 顧問弁護士
  • アクセス

交通事故 

 

Q:交通事故で気に入っていた車が壊れて全損状態になってしまいました。

とても気にいっていた車なので,慰謝料を請求したいのですができますか。
物損の場合,思い入れが強いものであっても残念ながら原則として慰謝料は認められません。
 

 

Q:それでは、この車を修理させることはできますか。

全損状態の場合には、原則として、修理費の請求をすることはできず、事故時の車両の流通価格相当額の賠償請求ができるにとどまります。
 

 

Q: まだ治療が終わっていませんが、相手側から、

休業損害や治療費の打ち切りを通告された場合にはどうすればよいでしょうか。

そのような場合は弁護士が代理人となって交渉をすることで、相手方の対応が変わることもあります。疑問や不満が感じられる場合には、専門家に一度にご相談ください。
 

 

Q: 優先道路の走行中に右折車に衝突されました。私が当初申し立てた過失割合に納得してもらえず、

双方の意見が真っ向から対立し、膠着状態です。被害者の自分に過失があると言われる理由がわかりません。

交通事故の損害賠償の過失割合に関しては、事故の当事者の言い分が異なるために、争いになることが多くあります。過失割合については専門性の高い判断が必要です。弁護士としても、道幅や路面の状況、見通し状況、交通量、車両の破損状況などを検証して、被害者の立場で正しい過失相殺の割合を計算し、適正な損害賠償を受け取れるように交渉のサポートをしていきます。納得いかない場合には、弁護士にご相談ください。
 

 

Q: 行政書士にも保険会社に関する書類が作成できると聞きましたが、

弁護士費用のほうが高額そうなので迷っています。

弁護士と行政書士では、扱える業務の範囲が異なります。行政書士は、保険会社に提出する資料は作成できますが、裁判所へ提出する資料は作成できません。示談交渉や、訴訟を行うことも、行政書士には出来ません。弁護士費用の方が高額と思われるかもしれませんが、多くの場合、弁護士が交渉を進めたほうが、高額の賠償金を手にすることが出来ます。また、ご自身やご家族の保険で弁護士費用特約に入られている方は、保険会社から弁護士費用を出すことも出来ますので、保険会社の支払い上限額内でしたらご心配はいりません。
 

Logo.jpg

Our Clients' Success First

キャプチャ4.JPG キャプチャ5.JPG キャプチャ2.JPG キャプチャ3.JPG
事務所案内 セミナー案内 弁護士紹介
法人の皆様へ 顧問弁護士に関して アクセス情報