湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビルヂング 北館12階 1213区
  • HOME
  • 事務所案内
  • 弁護士紹介
  • 法人の方
  • 個人の方
  • 顧問弁護士
  • アクセス

(1)法定相続とは

Q1 法定相続とはどのような制度ですか。

法定相続とは、人が死亡したことにより、死亡した人(被相続人)の権利義務が相続人に承継される制度のことをいいます(民法882条、896条本文)。

遺言や契約など何らかの行為をしなくても、被相続人の死亡という事実があるだけで、財産が被相続人から相続人に移転することになります。


相続の対象となる権利義務は、財産上の権利義務に限られます。

身元保証人の地位や生活保護の受給権といった一身専属的な権利義務については、相続の対象になりません。
法定相続では、財産の権利義務だけでなく、被相続人の財産契約の当事者としての法的立場(地位)もそのまま引継ぎます。たとえば、被相続人が商品を購入したものの、代金を支払う前に死亡し相続が開始された場合には、相続人は被相続人(買主)の地位を引き継ぐことになり、売買代金を支払う義務を負うことになります。また、その商品が不良品であったような場合には、売主に対し損害賠償請求をすることができます。

 

Q2 法定相続と遺言の関係について教えて下さい。

被相続人が遺産の引き継ぎに関することを内容とした遺言をせずに死亡した場合には、法定相続によって遺産が承継されることになります。
しかし、遺産の引き継ぎに関することを内容とした遺言をした後に死亡した場合には、遺言に従って遺産が引き継がれることになります。



 

法定相続 関連ページ

(1)法定相続とは

(2)法定相続人とは

(3)法定相続分とは

(4)遺産分割とは

(5)相続の承認・放棄

(6)相続人不存在とは