湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビルヂング 北館12階 1213区
  • HOME
  • 事務所案内
  • 弁護士紹介
  • 法人の方
  • 個人の方
  • 顧問弁護士
  • アクセス
  • HOME
  • セミナー情報
  • 弁護士湊信明と野村奈津子が「紛争に「勝てる」法務リスクマネジメントと弁護士活用のポイント」の講演を行います。

弁護士湊信明と野村奈津子が「紛争に勝てる法務リスクマネジメントと弁護士活用のポイント」の講演を行いました。


弁護士湊信明と野村奈津子が2015年3月10日(火)に一般社団法人日本経営協会様が主催する「企業法務担当者のための紛争に「勝てる」法務リスクマネジメントと弁護士活用のポイント」と題された講演を行いました。
 
______________________________________________________
セミナー名 企業法務担当者のための
紛争に「勝てる」法務リスクマネジメントと弁護士活用のポイント
~弁護士が本音で解説!具体的に何をどう備えておくべきか~
______________________________________________________
日時 2015年3月10日(火)10:00~16:00(5H)
______________________________________________________________________ ________
会場 一般社団法人日本経営協会 東京・代々木・本会内セミナー室
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-11-8
会場地図はこちらをクリック
______________________________________________________________________________
主催 一般社団法人日本経営協会様
______________________________________________________
講師 湊信明 野村奈津子
______________________________________________________
参加料 32,400円(会員様、税込) 37,800円(一般、税込)
______________________________________________________
プログラム内容 1:企業法務と弁護士の活用
  (1) 企業活動と法務リスクマネジメント
  (2) 事前準備がすべて! -何か起こってからでは遅い-
  (3) 弁護士は「現時点の手持ち材料」でしか戦えない
  (4) 弁護士へ持ち込むまでに勝負は八割方決まっている
  (5) 負けないためにはゴールから逆算すべし

2:企業調査の重要性 -「知っていたら」で後悔しないために-
  (1) なぜ企業調査が必要なのか
  (2) 契約締結交渉前に調べておくこと
  (3) 契約締結交渉段階で調べておくこと
  (4) 契約締結段階で検討すべきこと
  (5) 調査結果を契約内容に反映させるための着眼点
  (6)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

3:裁判に勝てる契約書の作り方と証拠の残し方
  (1)「要件事実論」とは何か?
  (2)「立証責任」とは何か?
  (3) 裁判では契約書が最も重要!
  (4) 勝つための契約書の書き方
  (5) 契約書がなくても勝てる方法 -何が有効な証拠となるか-
  (6)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

4:人的・物的担保を押さえておく
  (1) 担保が役に立つ場面って?
  (2) 人的担保(保証)を設定する
  (3) 物的担保を設定する
  (4)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

5:債権トラブルを事前に察知する
  (1) どんな兆候が「危ない」のか
  (2) どこに網を張ってどんな情報を取っておくか
  (3) 一刻も早い事実確認がカギ!
  (4) 営業担当者と回収担当者の留意点
  (5)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

6:いざ債権トラブルが発生したら
  (1) トラブル発生直後の対処法
  (2) 一刻も早い証拠収集がカギ!
  (3) 催告で債務の履行を促す
  (4) 合意書・示談書を作らせる
  (5) 債務者を弁済する気にさせるには
  (6) 新たな担保提供をさせる
  (7) やってはいけないこと、気をつけた方がよいこと
  (8)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

7:民事保全手続を活用する
  (1) 民事保全とはどんな手続きなのか?
  (2) 仮差押手続の使い方
  (3) 仮処分手続の使い方
  (4)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

8:法務担当者は自分で民事訴訟・民事調停をやってみよう
  (1) 訴訟は自分でやることに意義がある!
  (2) 弁護士に持ち込むべきかどうかの判断基準は?
  (3)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

9:強制執行・担保権の実行で債権を回収する
  (1) 強制執行手続の使い方
  (2) 担保物権を実行する方法
  (3)【弁護士活用】どのタイミングで何を依頼するか

10:コンプライアンスと内部統制
  (1) 法務的観点から考えるコンプライアンス・内部統制
  (2) 法務担当者は具体的に何をすればよいのか
  (3) コンプライアンスを実現できる人材の見極め方
  (4) コンプライアンスと弁護士の関わり

※最新の動向・情報を織り込むため、プログラムを一部変更させていただく場合がございます。

詳しいご案内は下記HPをご覧下さい。
セミナー詳細
______________________________________________________
パンフレット(PDF) 0263.pdf
______________________________________________________
対象 企業の法務・コンプライアンス部門を中心に、総務、経理、監査、経営企画など関連部門の方々
______________________________________________________
会場電話番号 03-3403-1972
______________________________________________________________________________
問合せ先 一般社団法人日本経営協会
企画研修グループ
中川 大和 様
______________________________________________________

Logo.jpg

Our Clients' Success First

キャプチャ4.JPG キャプチャ5.JPG キャプチャ2.JPG キャプチャ3.JPG
事務所案内 セミナー案内 弁護士紹介
法人の皆様へ 顧問弁護士に関して アクセス情報